はちみつができるまで 

   

エストニアには、生命力あふれる多様な植物が自生しています。ミツバチにより採取された花蜜は巣へと運ばれ、凝縮、熟成されます。

   
エストニアでの主要な蜜源植物は、野生のラズベリー、ヤナギラン、シロツメクサ、イワミツバ、西洋タンポポ、セイヨウアブラナ、そのほか、ヤナギ属の草花になります。
   
養蜂家はミツバチの管理・サポートを行います。
   
熟成したはちみつを採蜜し、ろ過により不純物を除去してから樽に移されます
   
はちみつの入った樽がHONEST NEKTARのパッケージングセンターへ輸送され、瓶詰めしてから、ラベル貼りを行います。
   ご購入いただいたHONEST NEKTARの詳しい商品情報は、本ウェブサイトの検索窓にラベル記載の賞味期限を入力することでご覧いただくことができます。

日本語